The Assumption of Mary Takarazuka Catholic Church
 被昇天の聖母 カトリック宝塚教会
宝塚教会のロゴ 665-0011
兵庫県宝塚市南口1丁目7番7号
TEL 0797-72-4628
FAX 0797-72-6785


 ◆ トップページ
 ◆ 今週の予定とお知らせ
 ◆ ミサ・講座・集い
 ◆ 宝塚教会の紹介
 ◆ 主任司祭紹介
 ◆ 教会報「よろこび」巻頭言
 ◆ 月間予定
 ◆ 年間行事予定
 ◆ 交通アクセス
 ◆ English
 ◆ リンク集

ニュース & トピックス

教会についてのQ&A
事務所からのご案内
〔聖堂見学等について〕
宝塚教会のリーフレット
〔PDFファイル〕
入 門 講 座 申 込 書
〔PDFファイル〕

最終更新
2018/5/19

counted 82,887 th
since Feb./1/2011

◆ このサイトについて


◆ 2018年5月25日(金) 今日のみことばから ◆

イエスはそこを立ち去って、ユダヤ地方とヨルダン川の向こう側に行かれた。群衆がまた集まって来たので、イエスは再びいつものように教えておられた。ファリサイ派の人々が近寄って、「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と尋ねた。イエスを試そうとしたのである。イエスは、「モーセはあなたたちに何と命じたか」と問い返された。彼らは、「モーセは、離縁状を書いて離縁することを許しました」と言った。イエスは言われた。「あなたたちの心が頑固なので、このような掟をモーセは書いたのだ。しかし、天地創造の初めから、神は人を男と女とにお造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」家に戻ってから、弟子たちがまたこのことについて尋ねた。イエスは言われた。「妻を離縁して他の女を妻にする者は、妻に対して姦通の罪を犯すことになる。夫を離縁して他の男を夫にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」
(マルコ10章1-12節)

 ◆ 教会報「よろこび」ご復活号 巻頭言 ◆
「この神殿は建てるのに
四十六年間もかかったのに 」
(ヨハネ2:20)

主任司祭 カレンガ神父

復活節において、イエスの復活を祝い、
私たち一人一人、そして教会は
復活の信仰を新たにして過ごします。
教会の信仰の中心であるこの復活を、
皆さんと共に考えていきたいと思います。
よく言われているように、
受難をなくしては、復活はありえません。

続きはこちら・・・
 
  エル・グレコ作
ご復活
1596-1600
 

◆ 更 新 情 報 ◆
・2018/05/19 今週の予定とお知らせ(5/20-5/27)を掲載しました
・2018/05/12 今週の予定とお知らせ(5/13-5/20)を掲載しました
・2018/05/05 今週の予定とお知らせ(5/6-5/13)を掲載しました
・2018/05/01 5月の月間予定を掲載しました。
・2018/04/28 今週の予定とお知らせ(4/29-5/6)を掲載しました
・2018/04/21 今週の予定とお知らせ(4/22-4/29)を掲載しました
これまでの主な更新履歴・・・

※本サイトの引用聖書は、日本聖書協会発行『聖書 新共同訳』を使用しています。
Copyright(C) 2011 Takarazuka Catholic Church All Rights Reserved.