The Assumption of Mary Takarazuka Catholic Church
 被昇天の聖母 カトリック宝塚教会
宝塚教会のロゴ 665-0011
兵庫県宝塚市南口1丁目7番7号
TEL 0797-72-4628
FAX 0797-72-6785


 ◆ トップページ
 ◆ 今週の予定とお知らせ
 ◆ ミサ・講座・集い
 ◆ 宝塚教会の紹介
 ◆ 主任司祭紹介
 ◆ 教会報「よろこび」巻頭言
 ◆ 月間予定
 ◆ 年間行事予定
 ◆ 交通アクセス
 ◆ English
 ◆ リンク集

ニュース & トピックス

教会についてのQ&A
事務所からのご案内
〔聖堂見学等について〕
宝塚教会のリーフレット
〔PDFファイル〕
入 門 講 座 申 込 書
〔PDFファイル〕

最終更新
2019/4/19

counted 323,941 th
since Feb./1/2011

◆ このサイトについて


◆ 2019年4月23日(火) 復活の火曜日 ◆

マリアは墓の外に立って泣いていた。泣きながら身をかがめて墓の中を見ると、イエスの遺体の置いてあった所に、白い衣を着た二人の天使が見えた。一人は頭の方に、もう一人は足の方に座っていた。天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか」と言うと、マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。しかし、それがイエスだとは分からなかった。イエスは言われた。「婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。」マリアは、園丁だと思って言った。「あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。わたしが、あの方を引き取ります。」イエスが、「マリア」と言われると、彼女は振り向いて、ヘブライ語で、「ラボニ」と言った。「先生」という意味である。イエスは言われた。「わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と。」マグダラのマリアは弟子たちのところへ行って、「わたしは主を見ました」と告げ、また、主から言われたことを伝えた。
(ヨハネ20章11-18節)

◆ 教会報「よろこび」 ご復活号 巻頭言 ◆

「主は本当に復活した」
(ルカ24:34)

主任司祭 カレンガ神父

皆さん、ご復活おめでとう
ございます。
私たちは、エマオの弟子たちと
ご復活したキリストとの出会いの
物語を黙想して来ました。

続きはこちら・・・
 
「エマオの弟子」(1622)
アブラハム・ブルーマート作 
 

◆ 更 新 情 報 ◆
・2019/04/19 今週の予定とお知らせ(4/21-4/28)を掲載しました
・2019/04/18 トップページに「聖週間のスケジュール」を掲載しました
・2019/04/14 教会報「よろこび」ご復活号巻頭言を掲載しました。
・2019/04/13 今週の予定とお知らせ(4/14-4/21)を掲載しました
・2019/04/06 今週の予定とお知らせ(4/7-4/14)を掲載しました
・2019/04/02 4月の月間予定を修正しました。
・2019/04/02 「年間行事予定(2019年4月〜2020年3月)」を掲載しました
・2019/03/31 4月の月間予定を掲載しました。
これまでの主な更新履歴・・・

※本サイトの引用聖書は、日本聖書協会発行『聖書 新共同訳』を使用しています。
Copyright(C) 2011 Takarazuka Catholic Church All Rights Reserved.