The Assumption of Mary Takarazuka Catholic Church
 被昇天の聖母 カトリック宝塚教会
宝塚教会のロゴ 665-0011
兵庫県宝塚市南口1丁目7番7号
TEL 0797-72-4628
FAX 0797-72-6785


 ◆ トップページ
 ◆ 今週の予定とお知らせ
 ◆ ミサ・講座・集い
 ◆ 宝塚教会の紹介
 ◆ 主任司祭紹介
 ◇ 教会報「よろこび」巻頭言
 ◆ 月間予定
 ◆ 年間行事予定
 ◆ 交通アクセス
 ◆ English
 ◆ リンク集


巻頭言のアーカイブ
◆ カレンガ神父
◆ パスクアル神父

◆教会報「よろこび」 ご降誕号 巻頭言◆

「インマヌエル・神は我々と共におられる」
(マタイ1:23参照)

主任司祭 カレンガ神父

 カトリック教会ではクリスマスイブのミサにおいて、毎年イエス様がお生まれになった時の事、誰がローマ皇帝で、誰がシリア州の総督だったのか、そしてヨセフとマリアの住民登録の必要性があった事から福音は始まります。それはイエス様のご降誕によって、神様は人類の歴史に介入したことを伝えるためではないかと思います。その介入によって、人間の歴史ひいては、私たち一人一人の歴史と過去に変化をもたらします。

 すべての国の歴史に、またすべての人の過去には、触れられたくないもの、あるいは触れられたら恥ずかしい思いをするというものがあるのではないでしょうか。教会の歴史も同じではないでしょうか。恥ずかしい過去または歴史のことを暗闇と聖書では呼ばれています。イエス様は、その暗闇を歩く人類に、光をもたらすために生まれました。「闇の中を歩む民は、大いなる光を見、死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた(イザヤ9:1・クリスマスイブのミサの第一朗読))」。以下の逸話は生まれたイエス様の役目を伝えているように思います。

 5歳の男の子を持つ一人の母親が晩御飯を作っていました。倉庫にあった缶詰トマトを持って来るようにと子供に頼みました。子供は母親に倉庫の中が暗いので恐いと答えました。「イエス様がその倉庫にいる。安心して取りに行って」と母親は息子を励ましました。母親を信じて倉庫に行った息子は、倉庫を開けると暗くて中に入られませんでした。そしてイエス様に叫び始めました。「イエス様、イエス様、この倉庫の中にいるのなら、私にあの缶詰トマトをください」と。

 私たちは、このクリスマスに心の扉を開いて、イエス様を迎えることによって、今までの歩みに光が照らされ、新たに生まれることを願い求めましょう。「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない(ヨハネ3:3)」
 「キリストが何千回とベツレヘムでお生まれになったとしても、あなたの中でお生まれにならなければ、あなたはまだ永遠に失われたままである(ドイツの詩人)」。


Copyright(C) 2011 Takarazuka Catholic Church All Right Reserved.