The Assumption of Mary Takarazuka Catholic Church
 被昇天の聖母 カトリック宝塚教会
宝塚教会のロゴ 665-0011
兵庫県宝塚市南口1丁目7番7号
TEL 0797-72-4628
FAX 0797-72-6785


 ◆ トップページ
 ◆ 今週の予定とお知らせ
 ◆ ミサ・講座・集い
 ◆ 宝塚教会の紹介
 ◆ 主任司祭紹介
 ◆ 月報 巻頭言
 ◆ 月間予定
 ◆ 年間行事予定
 ◆ 交通アクセス
 ◆ English
 ◆ リンク集

ニュース & トピックス

教会についてのQ&A
事務所からのご案内
〔聖堂見学等について〕
宝塚教会のリーフレット
〔PDFファイル〕

最終更新
2022/12/03

◆ このサイトについて



◆ 2022年12月4日(日) 待降節第2主日 ◆
そのころ、洗礼者ヨハネが現れて、ユダヤの荒れ野で宣べ伝え、「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言った。これは預言者イザヤによってこう言われている人である。
 「荒れ野で叫ぶ者の声がする。
 『主の道を整え、
 その道筋をまっすぐにせよ。』」
ヨハネは、らくだの毛衣を着、腰に革の帯を締め、いなごと野蜜を食べ物としていた。そこで、エルサレムとユダヤ全土から、また、ヨルダン川沿いの地方一帯から、人々がヨハネのもとに来て、罪を告白し、ヨルダン川で彼から洗礼を受けた。
 ヨハネは、ファリサイ派やサドカイ派の人々が大勢、洗礼を受けに来たのを見て、こう言った。「蝮の子らよ、差し迫った神の怒りを免れると、だれが教えたのか。悔い改めにふさわしい実を結べ。『我々の父はアブラハムだ』などと思ってもみるな。言っておくが、神はこんな石からでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。斧は既に木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。わたしは、悔い改めに導くために、あなたたちに水で洗礼を授けているが、わたしの後から来る方は、わたしよりも優れておられる。わたしは、その履物をお脱がせする値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる。」
(マタイ3章1-12節)

◆ 宝塚教会 月 報 11 月 号 巻 頭 言 ◆

死者のためのお祈り月

主任司祭 グエン・シン・サック神父

カトリック教会は、
この11月は、諸聖人の日で始まり、
今月を諸魂の日、
煉獄の魂のための祈りの月と定め、
常々以上に
亡くなったひとのために祈ります。

続きはこちら・・・
 
聖堂外壁のマリア像  

◆ 2022年8月15日 宝 塚 教 会 堅 信 式 ◆

聖母の被昇天の祭日に
前田万葉大司教様の司式で
宝塚教会堅信式が行われ
7名が堅信の秘跡を受けました。

大司教様はお説教の中で、3つの俳句を
披露してくださいました。

ロシアとウクライナのマリアの穢れなき御心への奉献の祈りのお知らせ
前田万葉大司教から、3月24日に以下のお知らせがありました。
-----------------------------------------------------------------
教区の皆様

+主の平和
 教皇フランシスコは、3月25日にウクライナとロシアを聖母の穢れなき御心に奉献されます。全世界の司教に共に祈るよう呼び掛けておられます。この呼びかけにこたえ、大阪教区で下記のように祈りの場を持つことといたしました。

   日時:3月25日(金) 12時~12時20分
   場所:大阪カテドラル聖マリア大聖堂


内容:ロザリオ(ウクライナのため1連、ロシアのため1連)、聖母マリアへの祈り。

現地での参加:可能。大声を出さないイベントであり、カテドラルの大聖堂は人と人とが触れ合わない程度の間隔が確保できるので、大阪府が示した3月24日からの府民への要請の範囲内。

なお、この祈りの集いは、以下の通りYouTube配信をいたします。ライブ配信に参加できなくても、録画を見て後から祈ることもできます。
YouTube URL: https://youtu.be/-_oVtUa-ia4

すべての人の母である聖母マリアに、平和を求める私たちの祈りを捧げましょう。
以上
動画のQRコード

◆ 更 新 情 報 ◆
・2022/12/03 今週の予定とお知らせ(12/4-12/11)を掲載しました。
・2022/11/26 今週の予定とお知らせ(11/27-12/4)を掲載しました。
・2022/11/19 今週の予定とお知らせ(11/20-11/27)を掲載しました。
・2022/11/13 今週の予定とお知らせ(11/13-11/20)を掲載しました。
・2022/11/06 「月報11月号 巻頭言」を掲載しました。
・2022/11/06 11月の月間予定を掲載しました
これまでの主な更新履歴・・・

※本サイトの引用聖書は、日本聖書協会発行『聖書 新共同訳』を使用しています。
Copyright(C) 2011 Takarazuka Catholic Church All Rights Reserved.