The Assumption of Mary Takarazuka Catholic Church
 被昇天の聖母 カトリック宝塚教会
宝塚教会のロゴ 665-0011
兵庫県宝塚市南口1丁目7番7号
TEL 0797-72-4628
FAX 0797-72-6785


 ◆ トップページ
 ◆ 今週の予定とお知らせ
 ◆ ミサ・講座・集い
 ◆ 宝塚教会の紹介
 ◆ 主任司祭紹介
 ◆ 月報 巻頭言
 ◆ 月間予定
 ◆ 年間行事予定
 ◆ 交通アクセス
 ◆ English
 ◆ リンク集

フォトアルバム

教会についてのQ&A
事務所からのご案内
〔聖堂見学等について〕
宝塚教会のリーフレット
〔PDFファイル〕

最終更新 2024/5/18

花とマリア像 2024.5.12
〔クリックで拡大します〕

◆ このサイトについて


◆ 2024年5月21日(火) 今日のみことばから ◆
 〔そのとき、イエスと弟子たちは〕そこを去って、ガリラヤを通って行った。しかし、イエスは人に気づかれるのを好まれなかった。それは弟子たちに、「人の子は、人々の手に引き渡され、殺される。殺されて三日の後に復活する」と言っておられたからである。弟子たちはこの言葉が分からなかったが、怖くて尋ねられなかった。
 一行はカファルナウムに来た。家に着いてから、イエスは弟子たちに、「途中で何を議論していたのか」とお尋ねになった。彼らは黙っていた。途中でだれがいちばん偉いかと議論し合っていたからである。イエスが座り、十二人を呼び寄せて言われた。「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい。」そして、一人の子供の手を取って彼らの真ん中に立たせ、抱き上げて言われた。「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしではなくて、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。」
(マルコ9章30-37節)

◆ 2024年度版のリーフレットを作成しました ◆
宝塚教会をご案内する簡単な
リーフレットです。

左の画像をクリックし、
A4サイズでプリントアウトしてください。
三つ折りにしてご利用いただけます。

◆ パウロ朴神父の「月報5月号 巻頭言」 ◆
  「光へ私たちとご同行になる主イエス・キリスト」

 皆さんは、二人の弟子が、エマオという村へ向かって歩きながら、イエス様の復活したことを知らず、エルサレムにての出来事について話し合っていた物語をご存知だと思います。

続きはこちら・・・

◆ 更 新 情 報 ◆
・2024/05/18 今週の予定とお知らせ(5/19-5/26)を掲載しました。
・2024/05/14 宝塚教会のリーフレットを2024年度版に更新しました。
・2024/05/12 今週の予定とお知らせ(5/12-5/19)を掲載しました。
・2024/04/30 月報5月号巻頭言を掲載しました。
・2024/04/30 5月の月間予定を掲載しました。
これまでの主な更新履歴・・・

※本サイトの引用聖書は、日本聖書協会発行『聖書 新共同訳』を使用しています。
Copyright(C) 2011 Takarazuka Catholic Church All Rights Reserved.